いつから雇うと良い?

中学受験のために対策をしていきたいと考える時、進学塾に小学四年生から入学し、勉強をしていく家庭が多いです。進学塾とは別に、家庭教師を利用される方も決して少なくありません。進学塾だけで十分と考える家庭もみられますが、やはりお子様の学力を上げる為には、家庭教師の力は必要不可欠といっても過言ではありません。

理想としては、家庭教師を雇うのは進学塾に入学する時期と同じ、あるいはもっと早い段階であった方が良いと言えます。進学塾と並列して家庭教師を雇う場合には、塾の授業で分からなかった事や塾で出された宿題を元に、家庭教師に勉強を教えてもらうのが効率的です。進学塾は授業の進むスピードが早いため、分からない問題を丁寧に説明してもらうのが難しいからです。

また、進学塾を利用しない場合に関しては、家庭教師は小学四年生よりずっと早い期間の方が良いかもしれません。というのも、進学塾とは異なり、家庭教師は進学塾と比較すると、勉強を進めるスピードは速くありません。なので、塾の様に計画的な勉強の予定を立ててもらうか、あるいはちょっと早めの時期から家庭教師を雇っておく様にしておくのが、受験の対策になるので良いといえます。