上手な教師の使い方

中学受験の対策の為に雇う家庭教師ですが、この家庭教師の雇い方には上手なやり方があります。受験生は小学六年生の3月頃に試験がありますので、その時期になると家庭教師に多くの空きが出てきます。家庭教師を雇うのにはプロか学生かなど、能力や経歴によっても違いが現れてきます。家庭教師を安く上手に雇いたいという事であれば、まず5年生の2月ごろにプロの優秀な家庭教師を雇う様にします。

もちろん、腕の良いプロの家庭教師は料金が高い特徴があるため、長期的に雇うとなるとお金がかかってしまいます。しかし、5年生の2月ごろに雇ったプロの家庭教師には3ヶ月間くらい勉強を教えてもらい、その間に年間のスケジュールなども上手に組み立ててもらいます。

その後にプロの家庭教師との契約を切り、それからは学生の家庭教師などの料金の安い家庭教師を再度雇います。そうする事によってスケジュールはプロの教師が組み立てていますが、勉強は安い人に教えてもらえるといった上手な方法となります。考え方によっては家庭教師は様々な雇い方が出来ます。こういったやり方についてはご両親の方が真剣に考えてご対応されるのが良いでしょう。お子様の学力を手頃に上げる為にも検討してみてください。