予定を組みやすい

中学受験の対策に家庭教師を利用するメリットとしては、家庭で考える予定を取り入れやすいという事です。進学塾のように長いスケジュールにそって勉強をしていくスタイルは、学力に見合わない勉強を強いられやすいです。学力は当然、子供それぞれで差がありますが、学力が追いついていない子供は、進学塾だと置いていかれやすいというデメリットがあるのです。

それに対して家庭教師を雇って勉強していくスタイルは、カリキュラムが決まっていないために、比較的スケジュールには自由を持たせやすいのです。苦手の教科を中心にして、得意科目は緩めに行うなど、学力に応じたスケジュールにも行えます。そして何より、分からない問題をそっちのけにする事は無いのは大きな利点と言えます。

進学塾では分からない問題があっても、一人の生徒のために授業を中断し、重点的に指導してくれる事はほとんど無いと考えて良いです。そのため、家庭教師を雇っていない場合には、先に進むだけで学力の上がる勉強ができないというケースがみられます。中学受験に合格するには当然、学力を上げなければいけません。家庭教師を上手に利用して、中学受験の合格を目指してみてはいかがでしょう。