宿題のサポートに

難関の中学受験にチャレンジしようと考えている場合、進学塾に通い、合格のための対策を小学四年生からしていく事が一般的です。進学塾では中学受験のためのカリキュラムに沿って勉強を行い、試験の対策を行います。集団授業をするのに加え、膨大な量の宿題や課題を出される事もあるため、子供にとっては大きな負担にもなってしまいます。

しかし、中学受験はただ進学塾に通い勉強をし、宿題をこなしていく事で合格率が高められる事ではありません。子供の中には苦手な教科や問題、考えても解けない問題というのがある事もみられます。分からない問題や教科については、家庭教師を雇って効率的で分かりやすい説明をしてもらうのが効果的といえます。

家庭教師は塾でだされた宿題に関しても、全面的にサポートしてくれます。むしろ家庭教師にとっては、中学受験を目標として進学塾に通っている子供へは、教材や宿題があるほうが勉強を教えやすいという事もあり、サポートしやすいのです。中学受験の難関校に合格している子供の多くは進学塾と家庭教師を利用されている事が多い様に、進学塾で難しい問題を次々と解いていき、家庭教師で分からない所を聞く様にするのが、効率的な勉強と言えます。