時間の融通が利く

中学受験を合格に導く為に欠かせない進学塾や家庭教師ですが、どちらを利用するか、あるいは両方を使って対策をしていくか迷われる事もある事でしょう。難関校を受験するのであれば進学塾に通う事は欠かせない事と言えます。それに対してあまりレベルは高くない学校である場合には家庭教師を利用するだけでも十分対策としての価値はあると考えられます。ですが、進学塾と家庭教師を比較して大きな違いがあります。

その一つとして、時間の融通が利くかどうかです。進学塾の場合、どうしても授業の開始時間や日程に合わせて通う必要があるため、家庭の事情があったり、習い事をしていたりすると、スケジュール通りに通えないといった事も出て来てしまいます。進学塾は長期的なスケジュールによって授業が進行していくため、1日や2日欠席しただけでも、大幅な後れを取ってしまう事になります。

しかしそれに対して家庭教師は、時間的な融通が利きやすく、都合が合う時間帯や日程に合わせて利用する事が出来るため、無理なく対策を進めていく事が出来るのです。もちろん、塾と並列して利用する場合にも全ての日程を考えた上で、スケジュールを立てていく事が出来るのが家庭教師です。