苦手単元を対策

中学受験のために進学塾へ通わせているご家庭は多いでしょうが、塾に通わせているだけという家庭もまた多い事でしょう。というのも、進学塾だけである場合、苦手の単元を克服するのが難しいという難点があるのです。進学塾は全体のカリキュラムに沿って、受験までの対策を順序良く行っていかなければなりません。そのためには時間を一日でも無駄に浪費する事が出来ず、コンスタントに進めていきます。

ですがその弊害として、子供一人一人にある苦手な単元を克服する時間も取れなくなると言う事です。教科によっては分からない問題をそのままにしておくと、次の単元の問題も連鎖反応で分からなくなってしまうという事があります。そのため、分からない問題があっても放置してはいけないのが中学受験の大切なところでもあります。

そのために必要となるのが家庭教師の存在です。家庭教師は自由に時間を使って勉強を教えてもらう事が出来ます。もちろん、スケジュールを立てる事も必要ですが、マンツーマンの個別指導により、苦手単元を重点的に勉強する事が出来るため、復習や予習にも非常に役立つ存在です。塾だけで満足するのではなく、家庭教師で勉強のケアをしてあげることも実は大切なのです。