難関校を狙ってない

中学受験と一口にいっても、学校による難易度は大きく上下します。そこで、難しい学校にチャレンジする事を考えている場合には、進学塾に入学する事に加え、家庭教師を雇って勉強する事が必要となってきます。しかし、さほど難易度が高い中学校を狙っていないという場合には、無理に進学塾に通わせるという必要がない場合も多いのです。

レベルの高く無い学校を選んでいるのにも関わらず進学塾に通わせる事ももちろん、対策としては効果が得られます。ただ、勉強のレベルが高かったり、進むスピードが高かったりする事が多いため、勉強するのではなくほとんど座っている状態になってしまうという事も十分にありえます。中学受験を志しているけど難関校ではないという場合には、家庭教師のみで対策を行っていくのも一つの方法であると言えます。

家庭教師の場合、明確なカリキュラムが立てられているという事はあまりありません。ただ、カリキュラムに沿って勉強をしていきたいという場合、そういった対応をしてくれる家庭教師を選ぶ事が大切です。家庭教師は個別指導で自分なりのペースで勉強出来る利点、分からない問題をほったらかしにしないなどのメリットがある分、進むスピードが心配な事がありますが、そこは契約する会社によって考えるのが良いでしょう。