対策の開始と家庭教師

中学受験の対策を始める時期は人ぞれぞれではありますが、基本的にいつからが望ましいのかという事に関しては、小学四年生からが一般的と考えられています。ですが、ご家庭の都合によって、あるいは中学受験を考え始めたのが一般的な時期を過ぎてからという時には、対策も必然的に遅れてしまう事となります。進学塾は大体小学四年生頃から始め、カリキュラムに沿って進めていく為、途中からの入学が認められなかったり、認められたとしても勉強についていけなかったりするといった事になりかねません。

対策の開始が遅れた際に便利なのが家庭教師です。家庭教師の場合、正確に定められたカリキュラムなどを用意していない事が多く、一般的には勉強の分からない所を重点的に対策するなどを目的として利用する事があります。ですが、中学受験を志している場合、家庭教師のみで対策を行っていくという方も少なくありません。進学塾への入学が間に合わなかったという際に、家庭教師に対策をしてもらう事で中学受験に向けて勉強ができます。

もちろん、家庭教師のみ利用して合格される方も少なくありませんので、進学塾に入らないからといって厳しいと決まった事では決してありません。